ここから本文です

今話題の電動バイク「ブレイズ スマートEV」がコストコで実演販売を開始

7/19(金) 13:05配信

MOTA

電動バイク「ブレイズスマートEV」がコストコで期間限定販売

日本テレビの「有吉ゼミ」にて2019年4月に紹介されたのち、全国から注文が殺到している電動バイク「ブレイズスマートEV」が、コストコにて実演販売される。

■実際の走行スタイルはとっても軽やか! ブレイズスマートEVを画像で見る(17枚)

公道走行かつ折りたたみ可能な電動バイク ブレイズスマートEVが直販や販売代理店、家電量販店の拡大だけにとどまらず、会員制倉庫型店(コストコ)での販売も開始し、いっそう入手しやすくなった。価格は12万8000円(税抜き)。

ブレイズ スマートEVの主な特長

ブレイズ スマートEVは、自転車よりも楽にバイクより手軽に乗ることが可能で、ちょっとした街乗りにも使用できる電動モビリティ。電気エネルギー100%で走行するので排気ガスも一切排出せず、エコで環境に優しいバイクとなっている。また大容量リチウムイオンバッテリーを搭載しているため、坂道もスムーズに登ることができる。
さらに満充電での走行可能距離は約30kmで、1回の充電時間は3.5時間で満充電にすることが可能だ。家庭用のコンセントから充電ができるので手軽に所有できる。
なお本商品は自動車ディーラーとして18年の実績があるブレイズの自信作で、バイクの各種部品に対して何百回もの試験並びに耐久テストを繰り返し、品質を最重視している。
■折りたたみ、持ち運び可能なサイズ
コンパクトに折りたたむ事が可能で、重量は18kgの軽量設計となっている。
持ち運ぶこともでき、車に載せて駐車場間の移動や旅行先での移動手段として使用することができる。従来のバイクに比べ、女性でも気軽に持ち運びが可能となっている。
■新色も登場
これまでのブラック、ホワイト、ワインレッド、カーキという4色に加え、ポップな色調のパステルとデニムが新しく仲間入りした。

徹底された6つの試験

1 塩水試験
・車体、ネジの一本にまで塩水試験を行い充分な耐久性が認められるかの試験をおこなう。
2 車体&ハンドル荷重試験
・充分な耐久性をはかるため、ハンドル、座席にかかる荷重に対して5000kgを超える試験をおこなう。
3 最大荷重試験
・車体に掛かる圧力に対して、最大何kgまで耐えられるかの試験をおこなう。
・ブレイズスマートEVは瞬間最大荷重にたいして320kgまでの耐久実績がある。
4 電装&配線試験
・電気信号に異常がないか、全ての車両において電気信号の試験並びに、保護回路機能が動作するかの確認をおこなう。
5 リチウムイオンバッテリーの試験
・条件下にて充分な充電性能、走行時の消耗に対しても徹底した試験をおこなう。
・ショート防止並びに、低電圧試験、過充電試験、容量試験をおこなう。
・PSEマークを取得をしている。
6 完成検査
・ブレーキ、走行中の衝撃に耐えられるかの試験を出荷前に全車両おこなう。
・完成検査のチェック項目だけでも100点を超える完成検査をおこなう。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 13:05
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事