ここから本文です

神奈川・相模原で注目の「相武ダービー」三菱重工相模原×キヤノン。トップリーグカップ2019

7/19(金) 17:01配信

J SPORTS

◆三菱重工相模原ダイナボアーズ×キヤノンイーグルス
◆「トップリーグカップ2019」プールC第5節/7月20日(土)/神奈川・相模原ギオンスタジアム
◆隣接する相模原市と町田市を拠点とする両軍のダービーマッチ。

「トップリーグカップ2019」のプール戦はついに最終節(第5節)。神奈川・相模原では、プール5位(1勝3敗)の三菱重工相模原が、プール2位(3勝1敗)のキヤノンを迎え撃つ。

プールCではクボタがプレーオフ進出を決めているが、両軍選手・スタッフにとっては春シーズンの締めくくり。是が非でも白星を手にしたい状況だ。

また三菱重工相模原の1勝は不戦勝によるもので(トヨタ自動車の大会出場辞退により)、TLでの12季ぶり自力勝利は持ち越されている。舞台は昇格後初となるTL地元開催(相模原ギオンスタジアム/19:00キックオフ)でもあり、モチベーションは高いはずだ。

また、相模原市と町田市(東京)によるダービーマッチは、サッカーのJリーグなどでも「相武ダービー」や「武相ダービー」と呼ばれ白熱する。

相模原市を本拠とするダイナボアーズと、町田市に拠点を置くキヤノン。ラグビーでも心を揺さぶる熱戦が期待される。

ホームの三菱重工相模原は昨季、豊田自動織機との入替戦に勝利して12季ぶりのトップリーグ(TL)昇格。しかし迎えたトップリーグカップでは、惜敗が続いた。 

第2節ではコカ・コーラに1点差(24-25)。第3節では1位通過のクボタに5点差(7-12)。

第4節では下位リーグの釜石シーウェイブスに14点差(14-28)で敗れた。どんな相手でも高いパフォーマンスを発揮する一貫性を手にして、初勝利をもぎ取りたい。

その一貫性をチームにもたらす中心選手の一人として注目したいのが、NO8土佐誠キャプテンだ。

関東学院大、NECと進んだ188cmのエイトマンは、英オックスフォードに留学経験もあり語学堪能。

規律が乱れた時に英語でチームを統率できる人材であり、将来日本代表を目指す中高生のお手本にもなる、現代的なスキッパーだ。

またキヤノンの強力スクラムと最前線で対峙するPR李城ヨン(金に庸)、HO安江祥光、PR成昂徳のフロントロー(FW第1列)にも注目したい。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 17:01
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事