ここから本文です

トロント映画祭、オープニング作品はドキュメンタリー

7/19(金) 14:00配信

ぴあ

トロント映画祭のオープニング作品が発表された。音楽ドキュメンタリーで、タイトルは『Once We Were Brothers: Robbie Robertson and The Band』だ。

本作は、カナダのミュージシャン、ロビー・ロバートソンが2016年に出版したメモワールからインスピレーションを得て制作されたもの。カナダのドキュメンタリーが、この映画祭のオープニング作品に選ばれるのは初めてのことだ。

ロバートソンは『レイジング・ブル』をはじめ、マーティン・スコセッシ映画の音楽監督を務めてもいることから、スコセッシもこの映画のエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねている。

今作は、カナダではストリーミング配信される予定。昨年のオープニング作品『アウトロー・キング~スコットランドの英雄~』も、Netflixで配信される作品だった。

今年のトロント映画祭は9月5日(木)から15日(日)まで。

文=猿渡由紀

最終更新:7/19(金) 14:00
ぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事