ここから本文です

なぜデ・リフトはバルサではなくユヴェントスを選んだのか

7/19(金) 12:03配信

SPORT.es

マタイス・デ・リフトは正式にユヴェントスの選手となったが、それは公然の秘密であった。イタリアクラブの新加入選手は、彼の古巣であるアヤックスのテレビで移籍の理由について語っている。

バルサ来日間近!あの新加入スター選手らデビューの可能性大

「僕はイタリア人の守り方が大好きなんだ。だから決断を下した。僕の見本の多くや過去の参考はイタリア人である・バレージ、マルディーニ、ネスタ、カンナヴァーロ、シレア...挙げたらキリがないよ」とアヤックスTVで彼は説明した。

決断について質問を受けた彼は、「難しい決断だった。いくつかの選択肢があったし、常にどれがベストかを見なくてはならない。多くのファクターが含まれてくるし、どれだけ試合に出場することができ、どれだけクラブが自分のことを信頼してくれているかを知る必要がある。それらの過程を踏まえた上で、ユヴェントスは僕を強く必要としていると言ってくれたんだ」と語った。

彼の最愛のクラブであるアヤックスについて言及した際には、感情的になる一面も。
「ここの下部組織で10年間プレーし、トップチームでは3年間プレーした。このクラブを去ることは感動的なことなんだ。良い時代も悲しい時代も過ごしてきた。アムステルダムの皆がいなくて悲しく感じることもあるだろうが、今は一歩前に進まなくてはならない」と述べた。

弱冠19歳のデ・リフトは、移籍市場で最も注目を集める選手の一人であった。アヤックスで輝かしいシーズンを送り、バルサといったヨーロッパのビッグクラブが彼に注目。DFラインから違いのつくることのできる選手の一人として、彼の獲得を熱望していた。最終的にユーヴェが大金を投じて、デ・リフトの獲得に成功している。

SPORT

最終更新:7/19(金) 12:03
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事