ここから本文です

バルサBが獲得を望んでいた21歳FW前田、ポルトガルのマリティモへ

7/19(金) 12:43配信

SPORT.es

バルサBが今夏に獲得を望んでいた前田大然。しかし彼のポルトガルのマリティモによるレンタル移籍での加入が近付いており、初めてヨーロッパでキャリアを送ることになるかもしれないと、木曜日に複数の日本紙が報じている。

メッシ、チームメイトにも神対応!カンテラの逸材が語る

現在Jリーグで松本山雅に所属する同FWは、買い取りオプション付きでのポルトガルクラブへの移籍が近付いているようだ。マリティモ初の日本人プレイヤーは彼ではなく、過去には相馬崇人がプレーしている。また、現在セカンドチームでは東城翔也もプレーしている。

21歳の前田は日本代表としてコパ・アメリカに出場し、ピッチ上で彼の才能を披露している。現在、同アタッカーは母国を離れ、ポルトガルの1部リーグでプレーするチャンスを掴むことにかるかもしれない。

SPORT

最終更新:7/19(金) 12:43
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事