ここから本文です

Mrs. GREEN APPLE 大森元貴と藤澤涼架の「やらかした」髪型とは

7/19(金) 20:31配信

TOKYO FM+

Mrs. GREEN APPLEのボーカル、ギター・大森元貴とキーボード・藤澤涼架が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。リスナーの質問から、過去に失敗した“髪型”について語りました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」7月17日(水)放送分)

【リスナーの質問:ミセス先生こんばんは。あっついですね! 私は、暑すぎて髪の毛を切ることにしました。でも昔ショートにしようとして男の子みたいな長さにしてしまい、ショックすぎて教室に入れなかった~なんてことがありました。ミセス先生は髪の毛に関して「やらかした」とか「終わった」って思ったことはありますか?(18歳女性)】

大森:もうだって、涼ちゃんは終わっていますもんね?

藤澤:おいおい! 終わってないですよ。

大森:ブリーチのし過ぎで、事務所から「もうブリーチしないでくれ」って。

藤澤:痛み過ぎてね(笑)。髪も頭皮もやばいですからね。

大森:うん(笑)。

藤澤:やらかしたなんてことはね~、しょっちゅうですよ。自分で髪の毛を染めたりもしてたから、まだらになっちゃったりして。「うわ、これ明日メンバーに会うの恥ずかしいな~」とかね。

大森:そうなんだ……!

藤澤:それもあるし、学生のときは剃り込み? 片側だけ何mmだよっていうので剃るやつ。

大森:ツーブロックみたいなことですか?

藤澤:そうそう、ツーブロのすごいやつ。ちょっと後悔したね。

大森:五分刈りみたいにしちゃったんだ。

藤澤:そう。やっちゃったなーって。大森さんはあります?

大森:ありますよ。過去に2回だけ髪の毛でやらかしたことあります。バイトをしてたときですね。高校生のとき。僕の高校は規制が何もなかったので、パーマとか当てて明るい髪の毛にしようかなと思ったら、すげーぱっつんで! 無駄にぱっつん……なんていうの、『ハリー・ポッター』に出てくる(友達の)ロン・ウィーズリーみたいになってしまったんですよ。

藤澤:うん。出会った当初は、ちょっとおばちゃんみたいだった瞬間があったね(笑)。好きでしたけどね。

大森:俺それすごい……やってしまった(笑)。まあいい思い出ですね。あれがなかったら、今の大森ないですから。

この日の放送では新曲の「インフェルノ」を初フルオンエア。この曲は、10月2日リリースのニューアルバム『Attitude』の収録曲で、3ヵ月連続先行配信する第一弾として配信がスタートしています。

最終更新:7/19(金) 20:31
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事