ここから本文です

これが欧州王者の余裕か!? クロップ、新戦力は「特に獲得する気ない」

7/19(金) 16:50配信

SPORT.es

リヴァプールの監督ユルゲン・クロップは、プレシーズントレーニングを行っているアメリカ・インディアナで移籍マーケットの現状について語った。

ファン・ダイク、リヴァプール時代到来を主張「少なくとも5年は...」

「人々は移籍マーケットでさらに2~3億ポンド(約269~404億円)が費やされると語っている。しかし、それが毎年できるのは、マンチェスター・シティとパリ・サンジェルマン(PSG)という2チームだけだろう。ただ今なら、FCバルセロナとレアル・マドリーもできるかもしれない」

クロップは、ここまで200万ユーロ(約2億4,000万円)でズヴォレから若手DFセップ・ファン・デン・ベルフしか獲得していない中で、「我々は落ち着いている。なにが起こるか見守ろうじゃないか。若い選手達がここに入るのだから...。彼らは我々とトレーニングを楽しんでいる。そして、ナビ・ケイタとジェルダン・シャキリがまだ負傷中であることを忘れてはいけない。彼らは戻ってくるだろう」と語り、焦りのない様子をみせた。

さらにクロップは、「今回の移籍マーケットでリヴァプールが最大の支出を出すことはないだろう。我々はここ2年で大金を投資してきたが、毎年行うのは無理な話だ。そしてなにより、我々は順調だ。今のチームにも本当に満足している。もしいい選手が見つかればいいが、特に獲得する気もなくプレッシャーも感じていない。我々には、全ての状況において解決策があるのだ」と説明した。

SPORT

最終更新:7/19(金) 16:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事