ここから本文です

窪田正孝、『東京喰種』長寿化に意気込み「また続編ができるように」

7/19(金) 20:21配信

AbemaTIMES

 俳優の窪田正孝と松田翔太が19日、都内で行われた映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の初日舞台挨拶に山本舞香、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、桜田ひより、村井國夫、川崎拓也監督、平牧和彦監督と参加した。

 全世界累計発行部数4,400万部を誇る、超人気漫画を原作にした実写映画化シリーズ第2弾。主人公・金木研役の窪田は「2年前に1が公開されて、1でやったものが新しいキャスト、スタッフで引き継がれて形を変えて『S』になった。作品が続いて行くのは役者としても嬉しい。また続編ができるように、皆さんのお力添えがあれば嬉しい」と長寿シリーズ化に期待を込めていた。

 史上最悪の喰種・月山習を演じた松田は、撮影を振り返って「目ん玉の味はヨーグルト味。これはシークレット」と小道具の意外な正体を明かすと、山本も「金木の味はイチゴ味。肩を齧らせていただき、美味しかった」と窪田の味に舌つづみ。これに松田も「血のりにはシロップが入っていますからね。僕はお腹の方を…」と笑わせた。

 主題歌担当のバント・女王蜂のボーカル、アヴちゃんも花束ゲストとしてサプライズ登場。初対面の窪田が「はじめまして」と喜ぶ一方で、山本は「ビックリした!私目が悪いから誰が来たのかと思った」と驚いていた。またシークレットキャストとして、宗太役を新田真剣佑が演じていたことが発表された。


テキスト・写真:石井隼人

最終更新:7/19(金) 20:21
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事