ここから本文です

有名大学も次々にハマる悪質論文誌「ハゲタカジャーナル」の罠

7/19(金) 20:30配信

LIMO

「ハゲタカジャーナル」と呼ばれる、カネさえ払えばなんでも論文を掲載する悪質な学術誌をご存じでしょうか? 

正式な査読や編集が施されていない論文が掲載されるため、科学の発展を妨げるものとして、その悪徳ぶりがさまざまなメディアで話題になっています。日本のいわゆる有名大学でも、こうした粗悪な論文誌に数十本、ときには100本以上の論文を寄稿している大学さえあり、見過ごせないレベルの問題になっているようなのです。

ハゲタカジャーナルとは?

ハゲタカジャーナルとは、研究者によって投稿された論文の原稿が、正式な査読や編集がほとんど施されることなくそのまま掲載されてしまうような、形だけの学術誌のことです。

別名を「捕食学術誌」ともいい、ハゲタカジャーナルを出版する出版社のことを「捕食出版社」と呼んだりもします。

こうした学術誌を出版している出版社は、論文を掲載する際に執筆者が支払う論文掲載料によって利益を得ています。論文掲載料は研究費から支払われることが多いため、研究者は自腹を切りません。そして、正式な査読や編集過程を経ないため、カネさえ払えば論文は簡単に掲載されます。

そのため、研究者は手軽に自身の「論文発表件数」を稼ぐことができ、出版社にしても出版の際にかかる手間や費用が大きくないので利益率も高いのです。一見すると「Win-Win」の関係ではあります。

厳しい研究の世界

科学の世界は、結果主義です。多くの研究者は「研究成果を挙げて研究費を得なければならない」という重圧に、日々さらされています。

「Publish or Perish」というフレーズをご存じでしょうか。「論文を発表しない研究者は消える」という意味で、論文を発表して成果を挙げなければ生きていけない科学業界の厳しさが、このフレーズに現れています。

このように苛烈な生存競争の下で生き残っていくには、やはり論文を発表し続けるしかありません。そうなったとき、手軽に論文を発表することができるハゲタカジャーナルは、やはり都合が良いのです。

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 20:30
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事