ここから本文です

美女平駅で作業員腕巻き込まれ重傷 立山ケーブルカー運休、バスで代替輸送

7/19(金) 9:53配信

北日本新聞

 19日午前6時25分ごろ、立山黒部アルペンルートの立山ケーブルカー美女平駅で、富山市婦中町砂子田、会社員、水野浩次さん(50)が、ケーブルを巻き上げる機械に右腕を巻き込まれた。水野さんは富山大附属病院に運ばれたが、右腕に大けがを負った。

 上市署によると、水野さんはケーブルカーを運行する立山黒部貫光の社員で、始発の運行前に同僚と2人で試運転の作業をしていたところ、機械の歯車(直径60センチ)に右腕を巻き込まれた。同署で原因を調べている。

 立山黒部貫光は事故を受け、始発から全ての便を運休し、立山駅-美女平駅間はバスによる代替輸送で対応。約1650人に影響が出た。20日は始発から運行を再開する。

北日本新聞社

最終更新:7/19(金) 22:58
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事