ここから本文です

新鮮な蜂蜜を採取 富山市民プラザと富山商業高

7/19(金) 15:39配信

北日本新聞

 屋上で養蜂事業に取り組む富山市民プラザは19日、富山市大手町の同プラザで、ことし2回目となる蜂蜜採取を行い、事業連携する富山商業高校の生徒12人が新鮮な蜂蜜を味わった。

 富山市民プラザは昨年から、ビル屋上でミツバチの飼育に取り組んでいる。今年は6月11日に最初の採蜜作業を実施。2回目となった19日は、同校プランニング部の生徒が二つの巣箱から取り出した巣枠の蜜ぶたを落とし、手動の遠心分離機で約15キロを取った。

 2日間の作業で採取した蜂蜜を50グラムずつ瓶に詰め、商品化する。28日に同プラザ前を通る大手モールを会場に開かれる定期市「越中大手市場」で1瓶500円で販売する。蜂蜜を生地に練り込んだクッキーなども提供する。

北日本新聞社

最終更新:7/19(金) 16:56
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事