ここから本文です

新川地域の味覚堪能 本社バスツアー 工場巡りと美術鑑賞

7/19(金) 22:53配信

北日本新聞

 北日本新聞社のにいかわ再発見バスツアーが19日行われ、富山市や高岡市の108人が新川地域の味覚を堪能し、工場見学や観光スポット巡りを楽しんだ。

 上市町の日本海味噌醤油(みそしょうゆ)若杉工場では、嶋川淳工場長から説明を受け、製造工程を見学。富山市の田辺登志子さん(66)は「赤みそと白みその違いなどが分かった」と話した。

 黒部市の宇奈月麦酒館で地ビール、朝日町のドライブインきんかいで名物のタラ汁を味わった。入善町のバーデン明日で温泉に浸かり、黒部市の宇奈月国際会館セレネ美術館で常設展を鑑賞。同市の四十物昆布や魚の駅「生地」、魚津市の昌栄堂魚津店も巡った。

北日本新聞社

最終更新:7/19(金) 22:53
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事