ここから本文です

金ロー放送ほか、聖地で初の応援上映など細田守監督作『サマーウォーズ』の10周年がアツい!

7/19(金) 20:50配信

Movie Walker

ひょんなことから片田舎の大家族に仲間入りした天才数学少年が、世界を襲う危機に立ち向かう様子を描き、夏映画の定番といっても過言ではないほどの人気を誇る細田守監督の代表作『サマーウォーズ』(09)。その公開から今年で10周年を迎え、関連イベントなどが、多方面で熱いことになっている!

【写真を見る】「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!」を叫んで、作品の世界を味わえる仕掛け!

■ 世界に浸れる仕組みが盛りだくさん!初のノーカットテレビ放送

まだ本作を観たことがないという人にも朗報なのが、本日19日、間もなくスタートとなる「金曜ロードSHOW!」での放送だ。初の本編ノーカット放送というだけでもうれしいが、今回の放送ではテレビと連動したサイトを特設。スマートフォンで主人公の健二に届いた暗号を一緒に解いたり、ヒロインの夏希と一緒に花札「こいこい」ができたりと、作品世界を追体験できるものになっている。

クライマックスでは、シーンにちなんだ“よろしくおねがいしまぁぁぁすっ!!ボタン”が出現。2017年放送時に全世界で3億6000万回以上押されるなど話題を集めており、今回の放送でも大いに盛り上がること間違いなし。さらに細田監督のイラスト入りサイン色紙などのプレゼントもあり、見逃せない企画が盛りだくさんだ。

■ 『サマーウォーズ』の聖地、上田がいまアツい!

普通にテレビで観るだけじゃ物足りないというファンにオススメしたいのが、8月12日(月・祝)に開催される応援上映イベント。『サマーウォーズ』初の応援上映となるが、それに加えて開催場所が物語の舞台となっている長野県上田市の上田映劇というから胸アツ!名セリフ「よろしくおねがいしまぁぁぁすっ!!」を聖地で健二と一緒に叫べば、さらに大盛り上がり間違いなしだ。

また上田では、9月1日(日)まで上田市立美術館にて「『サマーウォーズ』10周年記念 未来のミライ展~時を越える細田守の世界」が開催中。『未来のミライ』(18)の世界を立体化した世界観を堪能できるものや、絵コンテなどの貴重な資料がずらりと並ぶだけでなく、ここでしか見られない『サマーウォーズ』の展示物も。さらに上田市ではオリジナルラッピング電車など、作品の関連イベントがてんこ盛りなので、ぜひ足を運んでみてほしい。

■ OZが実現!サントラも配信開始!

さらに10周年企画として、人型アバターの3Dモデルを作成できるピクシブ社のスマホアプリ「VRoidモバイル」とコラボした「SUMMER WARS OZ on VRoid powered by pixiv」も実施。映画の一つの舞台となる仮想世界“OZ”を、自分が制作したアバターで体験できるものとなっており、メモリアルデーである8月1日に向けたイベントやプレゼントも用意されるということだ。

さらには細田作品のオリジナルサウンドトラックが、このたびApple Musicで配信を開始。『サマーウォーズ』をはじめ『時をかける少女』(06)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)『未来のミライ』までを網羅。細田作品のサウンドトラックが、サブスクリプションサービスで配信されるのは今回が初となり、順次他のサービスでも配信開始される予定とのこと。

これら以外にもタイアップCMやフィギュアの発売など、とにかく10周年の様々な企画がめじろ押しな『サマーウォーズ』の世界に、この夏はどっぷりと浸かってみては…?

“よろしくおねがいしまぁぁぁすっ!!”(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:7/19(金) 20:50
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事