ここから本文です

『東京喰種』窪田正孝の味は「イチゴ味!おいしかった」山本舞香が暴露

7/19(金) 20:20配信

Movie Walker

石田スイによる人気コミックの実写映画第2弾『東京喰種 トーキョーグール【S】』の初日舞台挨拶が7月19日に丸の内ピカデリーで開催され、窪田正孝、松田翔太、山本舞香、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、桜田ひより、村井國夫、川崎拓也監督、平牧和彦監督、主題歌を担当した女王蜂のアヴちゃんが登壇。タイトルの【S】にちなみ、それぞれがシークレットなエピソードを披露するなか、山本が「肩をかじらせていただいたんですが、カネキの味はイチゴ味。おいしかった!」と血のりの味を明かすなど、衝撃描写の裏側を暴露。窪田は「おいしかったですか」と楽しそうに答えていた。

【写真を見る】山本舞香、大胆に美脚&胸元を披露!ゴージャスなドレスで登場した

人を喰らわないと生きていけない存在、喰種(=グール)になってしまった青年、カネキを主人公とする本作。カネキの前に史上最悪の喰種として仲間からも嫌われる月山が現れたことから、喰種たちの間でトラブルが巻き起こる様を描く。

前作に引き続きカネキ役を演じた窪田は「2年前に前作が公開されて、撮影もすごく大変ななかで進んでいった」と述懐。「前作でやったものが新しいスタッフ、キャストに引き継がれ、受け継がれ、形を変えて【S】になった。作品が続いていくことは、役者をやっていてうれしいことだなと純粋に思います」と続編の公開に感無量の面持ちを見せていた。

またこの日のステージでは、監督陣によって「宗太役は新田真剣佑さん」とこれまで伏せられていた“ピエロ集団”の宗太役のキャストが発表となった。公式サイトやポスタービジュアル、チラシなどでも宗太役のキャスト名が塗りつぶされていたが、窪田は「ぶっちゃけ、パンフレットなどでキャスト名を墨みたいなのでぼかしていましたが、あの時点で真剣佑だって当てた人がいる」と語り、「もうちょっと“隠す”というクオリティを上げましょう。漢字5文字だし、新田の“田”のところの墨が角ばっていて、これ田んぼの田の字じゃないか?って」とまさかのダメ出し。これには山本も大爆笑あった。

最後に窪田は「『東京喰種』ってちょっと怖いっていうイメージもあるかもしれないけれど、蓋を開けてみるとすごく人間味があふれている」と本シリーズの魅力を語り、「続編ができるようにみなさんのお力添えがあればうれしい」とさらなる続編に意欲をのぞかせていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:7/19(金) 22:44
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事