ここから本文です

【MLB】大谷翔平は「投手でメジャー最高レベル」 エ軍レジェンドの期待「二刀流で飛躍を」

7/19(金) 19:06配信

Full-Count

エンゼルスの初代新人王・サーモン氏は投手大谷を評価

 今季打率.301、14本塁打、40打点と好調を維持するエンゼルスの大谷翔平投手。エンゼルスOBで1993年にア・リーグ新人王に輝いたティム・サーモン元外野手は右肘靭帯手術の影響で来季から完全復帰予定の投手・大谷について「メジャートップ10」と評価。「打者のレベルにはまだそこに及ばない」と分析。絶好調の現状に加え、進化も評価しながらも、「投手・大谷の方が上」と持論を展開している。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

 昨年10月に右肘にメスを入れた大谷。投手としては2020年シーズンの完全復活を目指し、リハビリを進める傍ら、打者としては圧巻の成績を残している。

「今季はマウンドに立つことはできないが、希望の光として打者としてフォーカスすることができている。メジャーリーグを打者として学習する。相手投手を学び、経験による打席で余裕が生まれる。この1年は大谷のキャリアにとって凄まじいほど大きいと思います。来季は二刀流再開となる。そうなると、打者として4日活動し、マウンドに立つことになる。その分打席に立つ回数は失われることになる。一方、今年はメジャーリーグの打者として毎日全打席に立つことができる。それがチームにとっても希望の光になるんだ」

 こう語ったのはエンゼルス一筋14年活躍したサーモン氏。エンゼルス史上初の新人王で、この栄誉に輝いたのはチームで、サーモン氏、マイク・トラウト、大谷の3人しかいない。公式戦を中継する「FOXスポーツ・ウェスト」で解説者を務めるレジェンドは、大谷のメジャー2年目をこう評価していた。

投手大谷の評価は「メジャーでトップ10の投手 間違いない」

「3番・DH」――。不動の主軸としてエンゼルスラインナップに君臨する大谷だが、まだ「投手・大谷」のレベルに達していないとレジェンドは語る。

「我々は投手としての大谷がメジャーで最高レベルにあることを知っている。投手として見てみよう。彼はナンバーワンだ。最高のボールを操る。怪我さえなければ、個人的にはメジャーでトップ10の投手だ。間違いない。だが、打者としてのレベルは投手としての自分自身にまだ及ばない。成長して、徐々に近づいていることは間違いないが、ね。打撃は難しい。リーグにいることで蓄積される経験値というものもある。今年はその意味で学習しながらも最高の成果を出していると思うよ」

 サーモン氏は持論を展開した。エンゼルスでは2番・トラウトとともに相手投手に脅威を与えているが、さらなる成長には打席での経験値の蓄積が肝要だという。

「昨年新人王を獲得したが、メジャートップ10の打者というレベルではなかった。昨年は投手に圧倒される場面も散見した。凄まじい当たりもあったが、内角のボールに体勢を崩されたりすることもあったし、見栄えの悪い三振もあった。だが、今季はそんな姿はもう見せていない。経験が大きい。ホームランは昨年も見せてもらった。違いは毎試合の打席でのクオリティだ。凡退の打席にも内容がある」

 すでに打席ではルーキーイヤーの昨年とは違う姿を見せているという大谷。ヒットではない打席でもクオリティを示しているという。

「1試合3三振と相手に圧倒されることは今年は無くなったよね。それは打席に専念できたことの恩恵なんだよ。来年は打者として少し後退するかもしれない。なぜなら、来年は投手に戻るのだから。でも、最終的には彼にはナンバーワン投手になってもらわないと困る。最高の打者の1人というのではなく、来季は二刀流で飛躍してほしい。実際に優秀な打者は偉大な投手よりも簡単に見つかるものなんだよ。それが私の意見だ」

 スラッガーとしても評価を高める一方で、休業中の「投手・大谷」の評価は揺るがず。エリート打者よりもエースの獲得が困難と指摘するサーモン氏。昨季から投壊状態の続くエンゼルスで、エース右腕としての救世主復活を心待ちにしていた。

Full-Count編集部

最終更新:7/19(金) 19:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(火) 22:50

あなたにおすすめの記事