ここから本文です

ピレリのF1タイヤテストでレッドブル・ホンダのセバスチャン・ブエミがクラッシュ。テストは途中で切り上げへ

7/19(金) 16:40配信

オートスポーツweb

 F1タイヤサプライヤーのピレリは7月16日~17日、シルバーストンでレッドブル・レーシングとウイリアムズとともに行なった2日間のテストを終えたが、10日に行われたテストはセバスチャン・ブエミがコースオフしたために短縮されることになった。

2019年F1第10戦イギリスGPでマシン修復作業を行うレッドブル・ホンダのメカニック

 この走行はピレリの2020年の開発プログラムの一環として行われたもので、すべてのチームがシーズン中に1度参加することになっている。

 マシンのセットアップは設定されているため変更はできず、またチームによる開発作業も許可されていない。

 チームとドライバーはどのコンパウンドのテストをしているかは知らされず、タイヤはピレリのエンジニアだけが分かる特別なコードが付けられている。

 レッドブルとウイリアムズがF1第10戦イギリスGP後のテストに指名され、レッドブルからはピエール・ガスリーが火曜日に走行を担当した。

 ガスリーは1日で102周の走行を終え、一方でウイリアムズではジョージ・ラッセルが走行を担当して98周の走行距離を稼いだ。

 水曜日にはロバート・クビサがラッセルの後を引き継ぎ、レッドブルはリザーブドライバーを務めるブエミがRB15の走行を担当した。

 残念ながら最終日の走行は、ブエミが午後にターン1のアビーの高速でクラッシュしたために短縮されることになった。幸いブエミに怪我はなかった。このインシデントがあったものの、この日ピレリの周回数は158周と十分なものになった。

 2019年にピレリはあと4回のテストを予定しており、次は9月にポール・リカールで開催される2日間のプログラムにマクラーレンが参加する。

 ポール・リカールでは追加のテストが予定されており、残りの開発作業は10月に鈴鹿と、メキシコGP後のアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで行われることになっている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/19(金) 16:40
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事