ここから本文です

スパ24時間:『Fate』だけじゃない! グッドスマイル、ブラックファルコンと組み3台のジャパンデザインをカラーリングに採用

7/19(金) 19:06配信

オートスポーツweb

 7月19日、グッドスマイルカンパニーは7月25日に開幕する伝統のトタル・スパ24時間レースに向けて、ドイツの名門ブラックファルコンと組み、3台の日本のポップカルチャーを施したジャパンデザインアートカーを走らせると発表した。すでに発表されている00号車の『Fate』に加え、04号車が『プロメア』、06号車が『初音ミク』のカラーリングをまとう。

【スパを走る『Fate』カラーのメルセデスAMG GT3】

『世界三大耐久レース』のひとつと言われ、72台ものマシンが参加するGT3カーの世界最高峰イベントにして、インターコンチネンタルGTチャレンジの一戦、そしてブランパンGTの一戦として開催されるトタル・スパ24時間へ向け、ひときわ目を引くジャパニーズ・ポップカルチャーをテーマにした3台のメルセデスAMG GT3が登場することになった。

 スーパーGTで活躍するGOODSMILE RACINGは今季、ドイツの名門チームであるブラックファルコンと組んで、谷口信輝/片岡龍也/アダム・クリストドウロウ組の1台を『Fate』カラーで走らせることをすでに発表していたが、新たにブラックファルコンの3台全体のアートディレクションを担当し、『チーム・ブラックファルコン・アートカー・バイ・グッドスマイル』として、全車が日本の誇るポップカルチャーをテーマにしたカラーリングデザインになることが発表されたのだ。

 まず、谷口/片岡/クリストドウロウ組の00号車は、すでに発表されているとおり人気ゲームブランドTYPE-MOONによる世界的ヒット作『Fate』の誕生15周年を記念し、プロジェクト専用に描き上げられたイラストをボディにあしらう。これに日の丸をイメージした赤と白、そして作品の中で重要な意味をもつ、聖剣エクスカリバーを用いたデザインがまとめられた。

 そして、マーロ・エンゲル/ルカ・シュトルツ/イェルマー・ブールマンというメルセデスワークスドライバーたちが駆る04号車は、ブラックファルコンのチームカラーであるブルーをベースに、大ヒット公開中の今石洋之×中島かずきによる初のオリジナル劇場アニメーション『プロメア』の世界観を使用したデザインとなった。作品の中心テーマである炎を使用してデザインがまとめられる。

 また、アブドゥラジズ・アル-ファイサル/フバート・ハウプト/パトリック・アッセンハイマー/ガブリエーレ・ピアナという4人が乗り込む06号車は、ドライバーであるアル-ファイサルの母国、サウジアラビアのナショナルカラーであるグリーンをベースに、スーパーGTはもちろん世界中でお馴染みの『初音ミク』の世界観を使用したデザインとなった。イラストはiXima氏の『初音ミクV4X』が採用され、デジタルの世界をイメージした光をモチーフにまとめられた。

 この3台の車両デザインに加え、スパ24時間ではチームのピットウォール等も含め全体的な統一感を意識したデザインとなるという。00号車、04号車は総合優勝を目指す存在だけに、今季のスパ24時間では3台のメルセデスAMGが、世界にジャパニーズ・ポップカルチャーを広める存在となりそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/19(金) 19:18
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事