ここから本文です

富山駅前でビル建て替え トヨタレンタ富山と高田組

7/19(金) 0:56配信

北國新聞社

 トヨタレンタリース富山(富山市)と土木・鉄道工事の高田組(同)は、JR富山駅前の自社ビルなど計4棟を解体し、5階建てのビルに建て替える。2021年3月に完成する。トヨタレンタリース富山は新ビルを拠点に、カーシェアや無人レンタカー事業に参入する。

 建設予定地は富山市宝町1丁目のトヨタレンタリース富山駅前店や高田組本社のある場所で、9月に解体工事に着手する。

 トヨタレンタリース富山は北陸新幹線開業後、貸し出し台数が2割増えた。待機場所を現在の8台分から90台分に拡大する計画で、18日、本社で会見した品川祐一郎社長は「駅周辺に分散している車両を集約し、業務を効率化する」と述べた。高田組の高田均社長は「創業の地を大切に事業を発展させたい」と語った。

北國新聞社

最終更新:7/19(金) 0:56
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事