ここから本文です

タイ代表・西野朗監督が就任会見で意気込み…「日本と闘えるようなレベルアップを」

7/19(金) 15:40配信

SOCCER KING

 タイ代表監督に就任した西野朗氏が19日、都内で行われた記者会見に登場。タイサッカー協会のソムヨット会長との調印式を行った。

 ロシアで繰り広げた激闘から約1年、名将が再び“世界”を目指す。しかも、「日本以外のチームを率いて」だ。昨年7月、ロシア・ワールドカップで日本をベスト16に導いた後、日本代表監督の座を退いた。以降は現場から離れる生活を送っていたが、今月17日にタイ代表監督(U-23代表の監督も兼務)就任が発表された。

 今回の就任に関して西野監督は「ここ1カ月くらい監督就任の報道がありました。受けるか? 受けないか? 報道が先行していましたが、私は光栄なオファーに対して現地に行って、会長から正式な話をしたいということで6月に向かいました。そこで正式に『新体制で新しいタイのサッカーを築きたい。発展・成長をサポートしてほしい』と熱意ある話をいただきました。日本に持ち帰ってから正式にお答えしました。タイのサッカーは日本にとって大きな壁でした。でも、自分が思っている以上に成長していないとも感じました。ワールドカップ予選でも対戦して、良さも出されましたし、オリンピック代表監督のときも予選で闘って苦しめられました。ポテンシャルがあるサッカー界だと思います」とコメントした。

 一方、西野監督へオファーを送ったソムヨット会長は、「タイサッカー協会は西野監督を全力でサポートします。西野監督が経験を活かし、ロシアW杯の日本と同じように、タイ代表をレベルアップさせてくれると確信しています」と期待を口にした。

 タイ代表のFIFAランキングは116位と、西野監督が話すように発展途上だが、「Jリーグの監督を経験しましたし、代表でも全てのカテゴリーを経験しました。代表チームの監督を引き受けるのは簡単ではありませんし、カタールW杯予選も始まります。タイのサッカーは正直、数試合タイリーグのサッカー、選手を見ただけです。強いチャレンジをしていかないといけないと思います。覚悟を持って、タイサッカーに入っていきたいと思います」と意気込みを語った。

 また、最後に西野監督は、「本来であればこういう就任会見はタイで行い、タイのみなさんに挨拶ということも考えました。ただ、(ソムヨット)会長の計らいや(日本サッカー協会の)田嶋会長の計らいもあり、こうして発表させていただきました。タイサッカーを何とか日本チームと闘えるようなレベルアップを図りたい、覚悟を持って臨みたいと思います。今日はたくさん集まっていただいて、お久しぶりですが、ありがとうございました」と感謝を述べた。

 カタールW杯アジア2次予選は9月5日に開幕。タイはUAE(FIFAランキング67位)、ベトナム(同96位)、マレーシア(同159位)、インドネシア(同160位)と同組のグループGを闘う。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 15:40
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事