ここから本文です

「松山長なす」 出荷本格化

7/19(金) 0:00配信

愛媛新聞ONLINE

 長さ30センチを超えるまつやま農林水産物ブランド「松山長なす」の出荷が松山市内などで本格化している。ピークは7月下旬から8月中旬ごろで県内のスーパーなどに並ぶ。
 JA松山市管内では、20~70代の50人が2・2ヘクタールで「庄屋大長」という品種を栽培。11月下旬ごろまで収穫が続き、県内外へ約80トン(前年比18%増)の出荷を見込んでいる。
 同市福角町の約7アールの畑では岡本勝さん(64)が長さを確認しながら皮を傷つけないように収穫。1本ずつ拭いた後、大きさごとに丁寧に箱詰めした。
 岡本さんは「実がまっすぐ育つよう水や肥料を十分与えた。甘くて柔らかいのが特長で、焼くのも、生でスライスして食べるのもお勧め」と話した。

愛媛新聞社

最終更新:7/19(金) 11:10
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事