ここから本文です

ネットフリックス株さらに30%下落も、値下がり言い当てた弱気派指摘

7/19(金) 9:16配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ネット動画配信サービス世界最大手、米ネットフリックスの会員数増加が予想に届かず株価が下落したことについて、値下がりを予想していたヘッジアイのアナリストは今後の傾向をまさに示すものだと指摘した。

ネットフリックスの株価は18日に一時12%下落したものの、「さらに30%下げる可能性がある」とアナリストのアンドルー・フリードマン氏は顧客に説明した。株価が約10%高かった3月上旬にも、30%下落を予想していた。この日の指摘では成長鈍化や飽和状態、値上げ、コンテンツ減少、競争激化を理由に挙げた。

フリードマン氏はインタビューで「成長のストーリーは終わりを迎えつつある。利益率を犠牲にして成長を維持するため、ネットフリックスはインドなど海外で値下げを進めている」と語った。

原題:Netflix Bear Who Predicted Collapse Says Shares Could Fall 30%(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Gregory Calderone

最終更新:7/19(金) 9:16
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事