ここから本文です

「うた☆プリ」QUARTET NIGHTにかけた思いとは?声優陣が語る<インタビュー>

7/20(土) 5:36配信

シネマトゥデイ

 「ゲームから始まり、そこから数えると本当に長い時間をかけて、舞台あいさつのときに鈴村健一(聖川真斗役)さんがおっしゃっていましたが『想像していただけで終わっていたはずのステージ』というものが作り込まれて、ダイジェストではなく全編通してちゃんと観られるっていうのは初めての機会。それを楽しみにしてほしいなって思います。そこに本当にST☆RISH、QUARTET NIGHT、HE★VENSというアイドルたちがいるんだと思える作りになっているので、ぜひその姿を見届けてほしいです。今までも応援してくださっている方はそんな彼らが作り出す圧巻のステージを楽しんでほしいですし、これから知る方にはこんなすごい世界があるんだよっていうところをぜひ観ていただきたいです」(鈴木達央)

 「舞台あいさつのときにマモちゃん(一ノ瀬トキヤ役・宮野真守)が、『うた☆プリ』だからこそできた映画だと言っていました。谷山紀章ちゃん(四ノ宮那月役)は『うた☆プリ』でまだやれることがあったというように言っていました。そんなことが僕は印象的でした。よく聞かれるのがキャストとして『この先どんなことをやりたいですか』ということなのですが、僕が答えるのは『うた☆プリ』を応援してくれる方が彼らに望むこと、それが僕らのやりたいことですと。だから劇場版もそうですし、僕らが出演するライブがあれば、彼らのライブを見たいという声もある。ゲームがやりたい、テレビアニメで観たいとか、『うた☆プリ』を応援してくださるみなさんが期待することは僕らのやりたいことでもあるので、劇場版をまた一つ皮切りにこの先もみなさんが期待を高めていただければ、僕らもキャストとしてみなさんと触れる機会があると思いますので、引き続きアイドル18人への希望と期待をしていただきたいと思います」(森久保祥太郎)

4/4ページ

最終更新:7/20(土) 5:36
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事