ここから本文です

もしも SpotifyやYouTube、InstagramがSFガジェットになったら?

7/20(土) 9:01配信

ギズモード・ジャパン

SFアニメ風でアナログ感がワクワク。

芸術家というのは独特の視点を持っており、私たちが夢にも思わなかった想像力を発揮し、それを巧みにヴィジュアル化することが出来ます。UKに住む、コンセプト・アーティストのSheng Lamさんもそのひとり。

彼はFacebook、Spotify、Twitter、YouTube、SoundCloud、Instagram、Netflixといった大手SNSや配信サービスを、フューチャリスティックなSFアニメのタッチでガジェット化してしまいました。

90年代辺りのSFデザインは、面取り加工が重要ですよね。

説明はほぼ不要かと思いますが、Facebookはフロッピードライブになり、Spotifyは携帯型カセットプレイヤーに、そしてTwitterはモールス符号を送る電鍵、YouTubeはVHSのビデオデッキとなりました。さらにSoundCloudはCDプレイヤーで、Instagramは安直にポラロイドカメラ、Netflixも結構ストレートにブラウン管テレビになってしまいました。

Lamさんが描いたのは、もしもインターネットが発明される前に、これらのメディアがあったなら……こういったガジェット類になっていたかもね? というコンセプトとなっています。

なんだか過去の世界から未来を望むような、レトロでフューチャリスティックで、SFチックで親しみやすい、妙な懐かしさがありますよね。往年の名作アニメやマンガに登場しても違和感ありません。

今の時代にこんなデザインのガジェット類があったら、小遣いはたいて買い揃えたくなります。でもソ○ータイマー内蔵で、たった数年の使用でブっ壊れちゃうんですよねきっと。

Source: Twitter, SHENG LAM via designboom

岡本玄介

最終更新:7/20(土) 9:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事