ここから本文です

馬鹿な…新型MacBook AirのSSDスペックが低下…?

7/20(土) 12:01配信

ギズモード・ジャパン

意外な弱点…?

先週突然登場した新型MacBook Airですが、海外からちょい気になるレポートが。どうやら、搭載されているSSD(ストレージ)のスピードが2018年モデルに比べて遅いケースもあるそうなんです。

Consomacが「Blackmagic Disk Speed Test」というツールを利用して実施したテストによると、新型MacBook Airの256GBストレージモデルではリードで1.3GB/s、ライトで1GB/sのスピードを計測。一方、2018年モデルではリードで2.0GB/s、ライトで0.9GB/sだったのです。リード性能だけをみると、35%もスペックダウンしていますな…。

もちろん、新型MacBook AirのウリはTrue Toneディスプレイの搭載で、日常使用や業務用途でも美しく的確な画面表示を達成しています。それに、リードで1.3GB/sというスペックだって、十分に高速なものです。

スペックをちょい控えめにすることで、お求めやすい価格を実現したことが予測される新型MacBook Air。美しい画面ともあいまって、さらに完成度は上がっているのではないでしょうか?

Source: Consomac via 9to5Mac, iFixit

塚本直樹

最終更新:7/20(土) 12:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事