ここから本文です

バルテリ・ボッタス、トヨタを駆る! 母国フィンランドでヤリスWRCをテスト

7/20(土) 20:17配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスが19日(金)、母国フィンランドのユバスキュラにあるトヨタのテスト場で、ヤリスWRCをテストドライブした。

【写真】ヤリスWRCを駆るボッタス

 今季のF1でランキング2位につけているボッタスはこれまで、何度かラリーカーを走らせてきた。1月末には母国フィンランドのアークティック・ラリーに参戦し、M-スポーツのフォード・フィエスタWRCをドライブした。

 TOYOTA GAZOO Racingのスポーティングディレクター、カイ・リンドストロームも、ボッタスのテスト参加を楽しみにしていたといい、こうジョークを飛ばした。

「契約はしていない。彼はアークティック・ラリーに満足していたけど、我々が持っている最高のマシンを試してみたかったんだろうね!」

 トヨタのレギュラードライバーである、オット・タナク、クリス・ミーク、ヤリ-マティ・ラトバラらは、翌週に控えるフィンランド・ラリーに向けてのテスト走行を完了していた。つまり、トヨタのテストチームはボッタスのために日程を1日延長したということとなる。

「バルテリは他のドライバーが走り終えた後に、ユバスキュラの近くでテストカーを走らせた」とリンドストロームは付け加えた。

 なお、ボッタスのコ・ドライバーには、2度の世界チャンピオンに輝いた経験を持つ、ティモ・ラウティアイネンがついた。

 ボッタスは今年の初めにフランスでフェイエスタR5をドライブした際、その速さで周囲に好印象を与えていた。ボッタスと同郷で、Mスポーツのドライバーであるティーム・スニネンもそのひとりで、ボッタスがレベルの高い舞台でラリーができることに疑いの余地はないと語った。

「彼のアークティックでの走りは印象的だった」

「彼を他のラリーで見るのもいいし、そこでどのくらい競争力があるのか見てみるのも面白いだろう」

「他のカテゴリーから来たドライバーを見るのは興味深いんだ。特にそれが世界最高レベルのドライバーであればなおさらだ」

David Evans

最終更新:7/20(土) 20:17
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事