ここから本文です

イ・ジンヒョク、SNSで「PRODUCE X 101」終了に感謝の意

7/20(土) 22:31配信

WoW!Korea

TOPメディアの練習生イ・ジンヒョクが、「PRODUCE X 101」終了に際し胸の内を伝えた。

PRODUCE X 101のプロフィールと写真

 Mnetの「PRODUCE X 101」を終えたイ・ジンヒョクは20日、TOPメディアの公式SNSアカウントで直筆の手紙を公開した。

 イ・ジンヒョクは、19日に放送された「PRODUCE X 101」の最終回生放送で惜しくも14位に留まり、プロジェクトのボーイズグループ「X1(エックスワン)」のデビューを逃す結果となった。これに対し、多くの国民プロデューサーたちがイ・ジンヒョクの脱落を惜しんでいた。

 イ・ジンヒョクは同日公開した直筆の手紙を通し、自身を応援してくれた国民プロデューサーたちに感謝の意を伝え「本当に幸せでした。平凡な暮らしに恵みの雨が降り注いだかのようでした」と感想を明かした。

 イ・ジンヒョクはまた「誰よりもステージを愛していたと確信しています。現場にいらっしゃった国民プロデューサーの皆様から『君は証明した』と声をかけられた時は泣きそうでした。私がやってきたことは無意味じゃなかったと思いました」とし、生放送で見せた涙の意味を説明した。

 イ・ジンヒョクは「今後はもっと面白くなると思います。誰よりもバラエティ豊かなステージを重ね、誰よりも好かれ、認められるイ・ジンヒョクになるよう頑張ります」と今後の活動に対する抱負を語った。同時に、「応援してくれてありがとう」とファンを気遣うコメントも添えられていた。

 イ・ジンヒョクと共に「PRODUCE X 101」に挑戦したTOPメディアのキム・ウソクは、2位で最終メンバーに残り、今後5年間はX1のメンバーとして活動する予定だ。

最終更新:7/20(土) 22:31
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事