ここから本文です

<ドラマBiz>“テレ東らしさ”が生んだ珠玉のドラマ枠 CPが語る「今を切り取る」目線

7/21(日) 7:20配信

まんたんウェブ

 「働く人」をテーマに、テレビ東京が2018年4月に立ち上げたドラマ枠「ドラマBiz」第6弾の「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」が、7月22日から放送される。ヘッドハンターや企業再生家など、専門性が高く、一見マイナーな業種に光を当てた骨太な作品が、視聴者を魅了している。「他局がやらないことを、『ドラマBiz』でやりたい」と話す浅野太チーフ・プロデューサー(CP)に、立ち上げの経緯や、「ドラマBiz」が目指す姿などを聞いた。

【写真特集】反町隆史がテレ東連ドラ初主演 「リーガル・ハート」でメガネ姿も披露

 ◇ターゲットは「働く人」

 同局のドラマといえば、「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)で展開されてきた、「孤独のグルメ」シリーズや「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「きのう何食べた?」など、若者の支持を集めるコミカルな作風の作品が多く放送されてきた。一方、「金曜8時のドラマ」(金曜午後8時)では、「三匹のおっさん」シリーズや「警視庁ゼロ係」シリーズなどを放送し、幅広い年齢層に親しまれている。

 浅野さんによると、「ドラマ24」「金曜8時のドラマ」で、同局のドラマが話題になることも増え、ドラマに注力していくという局の方針も手伝って「ゴールデン、プライムでもう1枠」という機運が高まった。平日の午後10時は「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」「日経スペシャル 未来世紀ジパング」といった、経済系の番組が並んでおり、これらの番組の視聴者をターゲットに「働く人」がテーマの「ドラマBiz」が立ち上がったという。

 ◇好評も数字が取れないジレンマも

 2018年4月に放送された「ドラマBiz」第1弾の「ヘッドハンター」は、江口洋介さんが主演を務め、企業に必要な人材の転職をあっせんするヘッドハンターを描き、好評を得た。

 続く「ラストチャンス 再生請負人」は、仲村トオルさんが元銀行マンで飲食フランチャイズ企業のCFO、「ハラスメントゲーム」は唐沢寿明さんがスーパー運営企業のコンプライアンス室長、「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女(ひと)に賭けろ~」は真木よう子さんが都市銀行の女性総合職、「スパイラル~町工場の奇跡~」は玉木宏さんが企業再生家と、これまであまり描かれてこなかった職業のビジネスパーソンをフィーチャーしてきた。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 7:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事