ここから本文です

野獣藤田「父娘チャンピオン目指す」

7/20(土) 16:40配信

東スポWeb

“野獣”藤田和之(48)が19日、「父娘チャンピオン」を目指し闘志をみなぎらせた。

 発端は、13日に都内で行われた“悪魔仮面”ケンドー・カシンの新著「50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで」(徳間書店)の刊行記念イベントだ。ゲストとして壇上に上がった藤田は、紛れ込んでいたリアルジャパンプロレス(RJ)の平井丈雅代表(54)から「スーパー・タイガーのレジェンド王座に挑戦してもらえませんか?」と公開オファーを受けた。

 これになぜかカシンが「やってやる」と回答。その後、藤田本人の意思を確認すると「やりますよ! 親子でチャンピオンになりたいから」と鼻息を荒くした。当初、レジェンド王座については「いらねえよ、あんなもん」と話していた。それを翻意させたのが小学校5年生の長女、眞妃琉(まひる)さんの活躍だ。ギャビ・ガルシア(33=ブラジル)に憧れ、柔術やレスリングの練習に打ち込んでいる眞妃琉さんは今年の「わんぱく相撲」で地区大会、千葉県大会をそれぞれ1位で突破。全国大会に駒を進め、日本一を目指している。

 愛娘のひた向きな姿が父の闘争本能を呼び起こしたのだ。「眞妃琉が頑張っているから、俺も頑張りますよ。ただの親バカですけど」。9月19日のRJ後楽園ホール大会で開催濃厚なレジェンド王座戦に向け、“父娘チャンピオン”を目指す野獣はいつになく熱い。

最終更新:7/20(土) 16:42
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事