ここから本文です

エンゼルス、年俸12億円ハービーを戦力外 球団最高年俸投手 けがで3勝止まり

7/20(土) 11:09配信

デイリースポーツ

 大リーグ、エンゼルスは19日(日本時間20日)、チーム投手陣最高年俸1100万ドル(約11億8000万円)の先発右腕マット・ハービー投手(30)をメジャー登録40人枠から外す手続きを取ったと発表した。同投手はここまで3勝5敗、防御率7・09の不振で事実上の戦力外通告となる。

【写真】どちらが高いかな?チームメイトと背を比べる大谷が可愛すぎる

 12年にメッツでメジャーデビューしたハービーは、翌年には前半の快投を評価されて球宴先発に抜てき。14年には先発の柱として13勝、防御率2・71を残し、将来を嘱望されたが、けがで伸び悩んだ。メジャー7年の通算成績は44勝49敗、防御率4・04。

 今季は開幕直後から背筋痛に苦しみ、12試合で3勝止まり。前日18日のアストロズ戦は6回を投げて2本塁打を含む7安打6失点で敗戦投手となった。

 エンゼルスの投手陣は、抑えとして1年850万ドル(約9億2000万円)で迎えられたアレンが25試合、0勝2敗4セーブ、防御率6・26と振るわず、6月に解雇。ハービーとともに先発で期待された年俸900万ドル(約9億7000万円)のベテラン右腕ケイヒルが中継ぎに配置転換されている。

最終更新:7/20(土) 13:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事