ここから本文です

車のボンネットの中で生まれた子猫たち レスキュー後たくましく育つ

7/20(土) 13:29配信

デイリースポーツ

車のボンネットの中で生まれた4匹の子猫たち。車の持ち主の久保さんは、子猫をたちを捕獲して必死で育て、母猫にTNRを施した。母猫の強い母性と、子猫たちの生命力に感銘を受けたという。

【写真】離乳食をがつがつと食べるようになった子猫たち

■猫が車の中で出産

2019年4月28日、春の冷たい雨が朝からしとしと降り続く日だった。香川県に住む久保さんは、隣の人から「久保さんの車の中からニャアニャア、猫の鳴き声がする」と言われた。不審に思いながらボンネットを開けると、中は猫の毛だらけ、ありとあらゆる配線が切られていて、バンパーとフェンダーの間に挟まった小さな子猫の手が見えた。驚いた久保さんは、すぐに車屋さんを呼んで、子猫を助けるためにバンパーを取り外してもらった。最初にボトンと地面に落ちたのは、三毛猫の子猫だった。

片手が挟まっていた子猫も無事取り出すことができたが、元気がなく、指で触ったら少しだけ動いた。雨に濡れていたので、ドライヤーで乾かして、すぐに動物病院に連れて行ったという。

他にも2匹の白猫の子猫がいたが、母猫がどこかへ連れ去っていた。

「車屋さんには、『“猫バン”(車を使う前にボンネットを叩く)をしなかったんやなあ』と言われました」

■子猫を奪われたと思っている母猫

子猫たちは、体重約95g、片手に乗せることができる大きさだった。手が挟まっていた子猫を診ると、獣医師は「この子は死にますよ」と言った。

その後、久保さんは、奥さんと2人で、昼夜の別なく3時間おきに子猫たちの授乳をした。最初は哺乳瓶を使ったが、1回につき30分以上かかるため、獣医に相談して、カテーテルと注射器をを使って授乳することにした。3時間おきというのは変わらなかったが、3分ほどでミルクを与えることができたという。

久保さんは、猫ボランティアさんに捕獲機などを借りて、母猫にTNRを施した。「お母さん猫のことを狙っているオス猫がいて、このままでは、また妊娠する可能性があったんです」

母猫は、すんなり捕獲できたが、子猫たちは捕獲機に入らなかった。車庫まで誘導して、1日がかりで物陰にいたところを捕まえた。「お母さん猫は、私のことを、子猫たちを奪った敵だと思っているようでした。捕獲した時も、ケージのすき間から手を出して、ものすごい力でひっかいてきたので、厚手のゴム手袋が破れてしまいました。TNRした後も、家の横でじーっと私のことをにらみつけて、ニャアニャアと鳴いていました。お母さんは強いですね。オス猫は何をやっているんだ?と思いました」

■子猫たちの強い生命力

久保さんは、2匹の三毛猫を、マルコちゃんとマルオくんと名付けた。毎日10gずつ体重が増え、1カ月経つと、20gずつ増えた。マルコちゃんは765g、マルオくんは860gにまで成長し、元気に飛び跳ねているという。

2匹の白猫は、母猫の母乳を飲んで育ったので、がっしりとしていて、体重は1kgを超えている。男の子がもめんくん、女の子はまめちゃんという名になった。「女の子はきぬがいいと言ったのですが、家族がきぬはおかしいと言うので、まめになったんです」。実は、久保さんは、「くぼさんのとうふ」という、無添加の豆腐づくりをしているのだ。「子猫たちに、豆腐も食べさせました」

子猫たちは、離乳すると、離乳食をがつがつと食べるようになった。「その姿を見た時は感動しました。生きるために食べるんですね。猫の生命力が素晴らしくて、人間も学ばないといけません。香川県では自殺者が交通事故の死亡者数を上回っていますが、生きる力が弱い。命を粗末にしているのだと思います」

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

最終更新:7/20(土) 13:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事