ここから本文です

宮迫博之「今は引退考えられない」…契約解消は仕方ないが18歳から芸能界

7/20(土) 15:48配信

デイリースポーツ

 反社会勢力のパーティーで会社を通さない闇営業をしていたとして、吉本興業との契約が解消となったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに東京都内で謝罪会見を開いた。宮迫は「引退は考えられない」と述べた。

【写真】宮迫&ロンブー亮 目の下にクマ…頬はこける

 宮迫は詐欺被害者やその親族らへの申し訳ない思いを何度も繰り返し、「申し訳ございません」と繰り返した。吉本興業に謝罪会見を「開かせて欲しい」と繰り返し申し出たが、吉本側が「会見はさせない。傷口を広げるだけです」とストップをかけたことを明かした。

 宮迫は「亮くんと話しをし、会社主導の引退会見、ぼくらの望んだ生放送もかなわない。それなら会社をやめて自分達でやろうという判断になった」とこの日の会見になった経緯を述べた。

 宮迫は「契約解除になることは、なんの文句もありません」とした。しかし、芸能界からの引退について、「何度も考えました。でも、18から30年間。この世界だけでやってきました。引退してしまうと、ぼくのようなものでも僕のできることで何かお役にたてることが、いつかできるかもしれないという思いがある。今は引退は考えられない」と言葉を絞り出した。

最終更新:7/20(土) 18:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事