ここから本文です

宮迫 松本人志の助言「スルー」を涙で悔やむ「番組にノーギャラで出たる」とも

7/20(土) 16:12配信

デイリースポーツ

 反社会勢力のパーティーで会社を通さない闇営業をしていたとして、吉本興業との契約が解消となったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに東京都内で謝罪会見を開いた。

【写真】「松本家の休日」…宮迫の姿はなかった

 宮迫は闇営業騒動が勃発した当初、ダウンタウン・松本人志(55)から「全員がいくらもらったかとか、そういう細かいことを全部言った方がいい」とアドバイスされたという。宮迫は「(当時)打ち上げ代を出してもらっただけ」と「勝手な解釈」をしていたため、「そうですね」と受け流したという。宮迫は顔をゆがめながら「先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められませんでした。すいません」と涙を見せた。

 また、宮迫が出演できなかった番組について、松本は「ノーギャラでも出たるからな」と言葉をかけてもらったという。宮迫は「こんな最低のウソをついたヤツのためにノーギャラでも出たるわと優しい言葉をかけてくれていました。申し訳ないです。すいません」と話すと、ハンカチで目元を押さえた。

 2人は連名で報道各社に「自らの言葉で、事実のご説明と謝罪の意を表する機会をいただければと思い、会見を実施する運びとなりました」とするファクスを送信。会見は吉本興業ではなく、2人が主催した。

最終更新:7/21(日) 21:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事