ここから本文です

宮迫&亮会見 異例「休憩タイム15分」のお知らせ 長時間、全面謝罪、吉本の圧力告発…

7/20(土) 16:53配信

デイリースポーツ

 反社会的勢力の宴席での闇営業と金銭受領が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、吉本から謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を行った。亮は契約解除を希望した。

【写真】宮迫&ロンブー亮 目の下にクマ…頬はこける

 2人は謝罪会見を吉本から阻止されたと説明。岡本昭彦社長が人払いしたうえで「やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある」と圧力をかけてきたと訴えた。

 都内の地下ホールで行われた会見は午後3時スタート。報道陣が殺到し、入場に1時間近くを要し、場内はすし詰め状態に。

 午後4時45分に司会者が、「15分後の午後5時から15分の休憩をとらせていただきます」と異例の対応を伝えた。

 しかし、その後も質問は続き、休憩タイムをとるタイミングがなく続行。会見は午後5時40分ごろに終了した。

最終更新:7/20(土) 21:48
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事