ここから本文です

藤木直人が47歳誕生日ライブ 朝ドラ共演陣祝福、イチロー氏バットの贈り物も

7/20(土) 0:36配信

オリコン

 俳優で歌手の藤木直人が19日、東京・豊洲PITで全国ツアー『Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!Tour』の東京公演を豊洲PITで開催した。この日は47歳の誕生日でもあり、NHK連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)共演者の広瀬すず、松嶋菜々子、草刈正雄がお祝いのビデオメッセージを寄せたほか、敬愛するイチロー氏のサイン入りバットのプレゼントでも本人を驚かせた。

【写真】イチロー氏サイン入りバットでおなじみのポーズも披露

 音楽活動20周年を迎え、先月19日に10年ぶりとなるオリジナルアルバム『20th -Grown Boy-』をリリースした藤木は、観客の大歓声に迎えられ、表題曲「20th -Grown Boy-」を演奏。色とりどりのペンライトを手にしたファンとのコール&レスポンスで会場が一体化した。

 藤木は「今年でCDデビュー20周年を迎えました。ここまでやってこれたのもここに駆けつけてくれているみんなのおかげです。ありがとうございます!」とあいさつ。「そしてきょう、47歳になりました。おめでとう俺―! 今夜は特別な夜にしようぜ!」とあおると、祝福の声が飛び交った。観客からのバースデーソングのプレゼントには「めでたい歳でもないですよ?」と笑いつつ、「でも昨日より一つ大人になった僕でお届けしたいと思います!」と笑顔を見せ、会場を沸かせた。

 アンコールでは突如バースデーソングが流れ、ファンの大合唱とともに藤木愛用のギター、白色のレスポールをかたどったバースデーケーキが登場した。司会として登場したダンサーの岡口が「きょうはこれだけじゃないんです!」と言うと、スクリーンに『なつぞら』共演陣の広瀬、松嶋、草刈からのお祝いのコメントがサプライズで流れ、観客からも歓声が上がった。

 さらに「これだけじゃないですよ! 藤木さんが一番大好きなスポーツ選手は誰ですか?」と問いかけられた藤木が「ニチローさん?」とボケつつも「イチローさんです!」と答えると、敬愛するイチロー氏が実際に使っていたバットがサイン入りでプレゼントされるサプライズも。

 藤木は「俺信じてないからね? どうやって信じればいいの? まじだったらめちゃくちゃすごいじゃん!」と半信半疑ながらも喜び、バットを受け取るとイチロー氏おなじみのポーズを披露してファンを沸かせていた。

 ツアーは8月31日の山梨・河口湖ステラシアターでファイナルを迎える。公式サイトでは、ファイナル公演で藤木と一緒に「HEY!FRIENDS」を踊るキッズダンサーを募集している。

最終更新:7/22(月) 17:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事