ここから本文です

ポケモンGO:No.260 ラグラージ入手方法・色違いと対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

7/20(土) 8:30配信

Engadget 日本版

最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

大人のポケモンずかん

今回はみず・じめん複合タイプの「ラグラージ」。

No.260 ラグラージ

全国図鑑番号:No. 260 (ホウエン地方・第三世代)
初出:『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(ゲームボーイアドバンス 2002年)
分類:ぬまうおポケモン
英語名:Swampert
図鑑の解説
「重さ1トン以上ある岩の塊を軽々引っ張るパワーを持つポケモンだ。濁った水中も見通す視力。」

ゲーム内データ

進化:ミズゴロウ(ミズゴロウのアメ25個)ヌマクロー(ミズゴロウのアメ100個)ラグラージ
色違い:未実装
タイプ:みず/じめん
天候ブースト:晴天・雨
弱点:くさ(×2.56)
耐性:でんき・どく・いわ・はがね・ほのお(×0.625)
種族値:HP225・攻撃208 ・防御175

ラグラージの入手方法(2019年7月時点):

・ミズゴロウ、ヌマクローからの進化
・ミズゴロウが2kmたまごから孵化

2019年7月21日(日)16時から、ミズゴロウのコミュニティ・デイ開催

ラグラージ対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)
407 ロズレイド(はっぱカッター / ソーラービーム)
003 フシギバナ(つるのムチ / ハードプラント)
465 モジャンボ(つるのムチ / ソーラービーム)
381 ラティオス(りゅうのいぶき / ソーラービーム)

ラグラージはくさタイプが二重弱点(約2.5倍ダメージ)のため、ロズレイド、フシギバナ、モジャンボなどくさライプのポケモンが有効です。また、くさタイプはラグラージのみず・じめんタイプの攻撃に耐性もあるのでその点も優位です(どくタイプの攻撃「ヘドロウェーブ」だった場合は弱点となるので注意が必要)。

ラティオスがくさタイプの攻撃技「ソーラービーム」を覚えている場合は、弱点がつけて、かつ、みずタイプの攻撃に耐性もあるのでおすすめです。

※フシギバナの「ハードプラント」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です

1/2ページ

最終更新:7/20(土) 8:30
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事