ここから本文です

宇部井筒屋跡のトキスマ、期待の中オープン

7/20(土) 14:41配信

宇部日報

買い物や交流、図書館 多彩な機能

 宇部市常盤町1丁目の旧宇部井筒屋跡地に20日、「常盤町1丁目スマイルマーケット(トキスマ)」が開店した。台風接近で強風が吹く中、450人が早々に詰め掛け、マルシェ(市場)や休憩、キッズの各スペースは利用者であふれた。
 
 オープニングセレモニーは同店東入り口で開かれた。久保田后子市長は「笑顔が広がるようにという願いを込めて命名した。来年3月までの営業は決まっているが、今年11月までに将来の方針を決める。多くの市民の意見を聞き方向性を定めたい」とあいさつした。
 
 久保田市長らによるテープカット後、キッズスペースで神原保育園児20人がダンスを披露し、開店に花を添えた。
 
 約880平方メートルの店内は、マルシェ、キッズ、休憩、若者交流のスペースに分かれ、間にはまちかどブックコーナーも設置。休憩スペースはベンチ、椅子とテーブルの他、鉢植えが多く置かれ、ゆったりと過ごせる造りとなっている。
 
 マルシェにはコーヒー店とジェラート店が当面の間、常設されるほか、33店舗が日替わりでパン、野菜、総菜などの食料品、生花などを販売する。

最終更新:7/20(土) 14:41
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事