ここから本文です

【動画】九州北部 土砂災害に厳重警戒を 50年に1度の大雨となっている所も(20日7時更新)

7/20(土) 7:48配信

ウェザーマップ

 台風5号の外側の雲がかかっている長崎県では、50年に1度の記録的な大雨となっている所があります。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所もあるため、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

 台風5号はきょう午前6時現在、黄海を北上しています。長崎県の五島列島などでは、台風の外側の活発な雨雲がかかっており、50年に1度の記録的な大雨となっています。
 
 台風は今後、朝鮮半島に上陸する見込みで、日本列島からは離れていく見込みです。ただ、湿った空気が流れ込むため、九州や四国、中国地方では断続的に雨が降るでしょう。
 長崎県ではこれまでの大雨で地盤が緩み、土砂災害がすでに発生していてもおかしくない危険な状態になっている所があります。引き続き、土砂災害には厳重に警戒してください。
 また、台風から離れた北陸や東北南部、関東北部でも、雨や雷雨となるでしょう。

 最高気温は、関東から西では30℃前後まで上がる予想です。湿気が多く、蒸し暑く感じられそうです。
(気象予報士・石上沙織)

最終更新:7/20(土) 8:03
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事