ここから本文です

歩行者はねられ重体 落とした携帯を拾おうと…乗用車運転の男を逮捕 高松市

7/20(土) 12:39配信

KSB瀬戸内海放送

 7月20日未明、高松市の市道で乗用車が歩行者をはね、歩いていた男性が重体です。

(記者)
「事故現場は見通しのいい直線の道路で、東から走ってた乗用車がこのあたりで人をはねたと見られています」

 20日午前1時ごろ高松市錦町の市道で、帰宅途中の乗用車が歩行者をはねました。この事故により高松市郷東町の男性(50)が頭を強く打つなどで意識不明の重体で救急搬送されましたが、その後、病院で意識が回復しました。

 過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕されたのは、高松市茜町の溶接工、池上誠二(49)容疑者です。

 警察によると、池上容疑者は、車内に落とした携帯電話を拾おうとしていて前を見ずに運転していました。池上容疑者は「運転中に道路上の人をはねてけがをさせてしまった」と容疑を認めています。
 
 警察が事故の詳しい状況について調べています。

最終更新:7/21(日) 18:57
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事