ここから本文です

日産 新型ジュークは2019年中にe-POWER搭載で発売!? 燃費や価格など気になるスペックを大胆予想

7/20(土) 16:30配信

MOTA

日産 新型ジュークが初のフルモデルチェンジ!2019年秋東京モーターショーで披露か!?

日産のコンパクトSUVであるジューク(Juke)が、いよいよフルモデルチェンジを実施しそうだ。
ジュークは2010年のデビュー以来、一度もフルモデルチェンジを受けていない。

■現行型&次期型ジューク? を画像で見る

斬新なデザインや求めやすい価格などで、コンパクトSUV市場を開拓し話題を呼んだが、その後マイナーチェンジこそ何度か行われてきたものの力及ばず。ライバルが次々と参入しどれもヒットを飛ばす中、非常に勿体ない状況が続いている。基本設計的にもパワートレイン的にもそろそろ刷新させ、商品力をアップしたいところだ。

このコンパクトSUVというカテゴリは、ジュークを皮切りにトヨタ C-HR、ホンダ ヴェゼル、スバル XVといった魅力的な競合車が多数ひしめき、年内にはマツダからCX-30もデビューする見込みだ。そんな中、日産 ジュークが初のフルモデルチェンジを受け、どれほど健闘できるか気になるところだ。

そこで今回は、ジュークのフルモデルチェンジに関する最新情報をお届けしたい。

フルモデルチェンジの時期には諸説あるが…

日産ジュークがはじめてデビューしたのが2010年6月。実に9年もモデルチェンジをしていない。一般にデビュー後5~7年で初のフルモデルチェンジを迎えるのと比べると放置プレイ状態にある。現行モデルのユーザーや販売店の現場からも、そろそろ新型の登場を希望する悲痛な声もあがっているようだ。
いっぽうで、海外の自動車誌に次期ジュークと思われるスクープ画像が載ったことからもわかるように、確実に開発は行われている模様だ。早ければ2019年秋の東京モーターショーでプロトタイプをお披露目し、2019年中にも発売されるかもしれない。

日産 新型ジュークはe-POWER搭載のハイブリッドモデルになる可能性大!

■e-POWERの拡充を図る日産…次はどのモデル?

日産は2018年4月に、今後の車種ラインナップに関する重大な発表をした。その内容は2022年末までに、国内市場に電気自動車3車種とe-POWER搭載車5車種を新規に投入するというもの。

現状e-POWERを搭載しているのがコンパクトカーのノートとミニバンのセレナで、この次に控えているのが次期ジューク、そして次期エクストレイルである可能性は高い。

1/5ページ

最終更新:7/20(土) 16:30
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事