ここから本文です

【検証】選挙ポスター盛りすぎ説

7/20(土) 14:52配信

BuzzFeed Japan

7月21日に投開票される参議院議員選挙。各選挙区における立候補者を知るうえで、欠かせないものに「選挙ポスター」があります。ポスターに写るのは、凛々しい顔立ちの候補者たちの姿です。そこで、仮説を立てました。選挙ポスターを撮影するプロの手にかかれば、凡人である私や同僚の記者だって政治家っぽくなれるのではないか。プロにお願いして、検証してみました。【BuzzFeed Japan / 瀬谷健介、吉川慧】

快く協力してくださったのは、スタジオ☆ディーバ(以下、ディーバ)さん。

これまで首相や大臣クラスの名だたる政治家から、新人候補の選挙ポスターの撮影まで手がけているそうです。

また、ミス日本コンテスト受賞者の撮影や、就活用やお見合い用の写真まで幅広いサービスを提供しています。

そんな「プロ中のプロ」と言えるディーバで、BuzzFeed Japanのニュース記者、吉川と瀬谷の2人が仮説に挑戦。

吉川は「与党」、瀬谷は「野党」で同じ選挙区の対抗馬同士。そうした無茶振りなキャラ設定を伝え、ディーバにお願いしました。

これが普段の2人です。

凛々しさのかけらもない。有権者に「清き一票を!」なんて呼びかけても、笑われるだけです。

まずスーツに着替えました。ネクタイを選ぼうとすると、取締役の高木寸子統括マネージャーが「ヘアメイクをすると、またイメージが変わります。なので、それから選んだ方が良いですね」とのこと。

そこで、すぐにヘアメイクに入ります。

担当してくれたのは、ヘアメイクの輿石公美さん。くせ毛や肌荒れがひどい2人の見た目が、あっという間にきれいに整っていきます。

ファンデーションを塗ったり、アイラインを入れたり……。眉毛まできれいに描いてもらいました。まつ毛が下がっている吉川は、ビューラーまでしてもらってとても嬉しそう。

ディーバのモットーは、写真の加工を基本的にしないこと。

「ただ、選挙ポスターでは、加工をすることが多いです。目の印象を強くするために白目を白くしたり、歯を白くしたり。でも、うちなら、加工をそんなにしなくてもきれいに撮れます」(高木統括マネージャー)

不自然さが出てしまう余計な加工はせず、有権者の人たちに印象良く見てもらえるようにする。

その土台作りとしてのヘアメイクで、その人の魅力を最大限に引き出すそうです。

そんなヘアメイクも、候補者によって違いを出すといいます。

それは、候補者のマニュフェストや対抗馬などをしっかりと聞いたうえで、その人のイメージを演出するから。

なので、改めて”吉川は「与党」、瀬谷は「野党」で同じ選挙区の対抗馬同士”というキャラ設定を伝えました。

そして、イメージに合った最適なヘアメイクをしてもらい、ネクタイを選んでもらいました。

与党役の吉川は、何回も当選しているベテラン議員のイメージ。実際の年齢(31歳)より落ちついて信頼感があるように見られる感じに。

野党役の瀬谷(27歳)は、新人候補のイメージ。勢いのある、さわやかな感じになりました。

※参議院議員になるために選挙に立候補できる年齢は、満30歳以上です。

1/3ページ

最終更新:7/20(土) 14:52
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事