ここから本文です

元世界ランク1位のウェストウッド 46歳は悲願のメジャー初Vなるか

7/20(土) 12:03配信

my caddie

 リー・ウェストウッド(英)は全英オープン(19日/北アイルランド/ロイヤル・ポートラッシュGC)2日目を終え、通算7アンダー3位タイと悲願のメジャー初Vに向け好位置で決勝ラウンドを迎える。

【写真】現・世界ランキング1位

 2010年11月にタイガー・ウッズ(米)を抜いて世界ランク1位に輝いたウェストウッドは何度もメジャータイトルに手が届きそうだった。各メジャー大会での最高位は、マスターズは単独2位(2010年)、2位タイ(2016年)、全米プロは3位タイ(2009年)、全米オープンは単独3位(2008年)、3位タイ(2011年)。

 現在46歳だが衰えることなく昨年11月の欧州ツアー「ネッドバンクチャレンジ」で4年ぶりの勝利を手にした。ポートラッシュでも「68」「67」と松山英樹、タイガー・ウッズ(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)らが予選落ちをする中、ウェストウッドは気を吐いている。

 欧州の地で全英タイトルを狙う男を支えているのが彼女のヘレンさん。「彼女はあまりゴルフのことは知らない」らしいが「彼女とのコンビは良い感じ。メンタルを支えてくれる。風を読んだりするよりも、心を読んでくれる方が大切」とウェストウッドは話した。

最終更新:7/20(土) 12:05
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事