ここから本文です

長崎県に大雨特別警報 命を守る行動を

7/20(土) 10:18配信

ウェザーマップ

 20日午前10時過ぎ、長崎県五島・対馬に大雨特別警報が発表された。これまでに経験したことのないような大雨となっているところがある。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況で、最大級の警戒をし、ただちに命を守る行動が必要だ。

 台風と前線により湿った空気が九州に流れ込んでいる影響で、活発な雨雲がかかり続け、長崎県を中心に記録的な大雨が続いている。長崎県では降り始めから12時間の総降水量が350ミリに迫るところもあり、命に危険が及ぶような土砂災害が発生していてもおかしくない極めて危険な状態が継続している。

 長崎県を中心に特に昼頃にかけての数時間、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあり、さらに雨の量が増える見通しだ。命を守る行動を最優先に、自治体からの情報もこまめに確認するなど、最大級の警戒が必要だ。

【記録的短時間大雨情報 1時間雨量】(20日発表分)
長崎県
 対馬市美津島付近 約110ミリ(午前8時40分)
 五島市付近 約110ミリ(午前10時30分)

大雨特別警報とは

 その地域で数十年に一度の記録的な大雨となっていて、命に関わる重大な災害が迫っている状況の際に発表されるもので、最大級の警戒が必要となる。

最終更新:7/20(土) 11:38
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事