ここから本文です

KFC 軽減税率導入後も店内とテイクアウトの支払いを同額に/日本ケンタッキー・フライド・チキン

7/20(土) 14:11配信

食品産業新聞社ニュースWEB

〈オリジナルチキン単品の税込価格は増税後も据え置きを予定〉

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキンは7月19日、今年10月から予定されている消費税率10%への引き上げと軽減税率制度導入後も、店内飲食とテイクアウトの税込価格を統一すると発表した。店内の表示は全て、従来どおり税込価格を使用する。また、オリジナルチキン単品の税込価格は増税後も現行の250円に据え置く予定。一部のセット・パック・サイドメニューは価格を調整する。

〈オリジナルチキン単品価格〉

◆現行
税込250円=本体価格231円+消費税8%

◆2019年10月以降 店内飲食
税込250円=本体価格227円+消費税10%

◆2019年10月以降 テイクアウト
税込250円=本体価格231円+消費税8%

食品産業新聞

最終更新:7/20(土) 14:11
食品産業新聞社ニュースWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事