ここから本文です

夏の日差しも酔ったまだら顔も心配なし!シバタロウさんの【絶対崩れないベランダ飲み】ナチュラルメーク術

7/20(土) 16:20配信

magacol

BBQでベランダ飲みをするときって、お酒を飲むから赤ら顔になるし、日差し対策でしっかりと塗ったファンデーションとあいまって、まだら顔に。そんな悩みを人気ヘア・メークのシバタロウさんに解決してもらいました!

シバタロウさんのベースメークメソッドなら、ナチュラルなのに崩れない!

シバタロウ 屋内と屋外を行き来する“BBQベランダ飲み”は、紫外線対策とメーク崩れを防ぐ方法の両方を考えることが大事。

橋本 それは、いつものメークではダメっていうことですか?

シバタロウ 酔って体温が上がるとメークが崩れやすくなるから、その対策が必要だよね。

橋本 なるほど! 顔が赤くなるのはどうしたらいいですか?

シバタロウ 基本的には顔の赤み対策としてはベースメークコスメを薄くミルフィーユ状に重ねていくこと。下地にファンデーション、コンシーラー、お粉、さらにファンデーションというようにね。こうすれば必然的に赤みは目立たないよ。それでも赤みが出るっていう人は、グリーンの下地を使ってみて。

橋本 へ~。そうすると赤みは消えるんですか?

シバタロウ そう。あとは、いかに濃く見せないかっていうのも大切! 口紅は落ちても目立たないベージュピンクが正解!

橋本 勉強になります!

対談したのは……

ヘア・メークアップアーティスト シバタロウさん
女優 橋本マナミさん

1:まずは艶系の下地を忍ばせて肌をワントーン明るく

下地を大粒パール1粒分ほど出し、顔の中央、フェイスライン以外にのせて。目の下の三角ゾーンからのせます。額と顎は少量だけON。

顔が赤くなる人はグリーンの下地を。左から、カネボウ トーンアッププライマー SPF15・PA++ ¥6,000(カネボウインターナショナル Div.)

2:リキッドファンデーションはスポンジで叩き込んで密着

ファンデーションを手のひらに出し、頬の中央から放射状にON。このとき目の下とフェイスラインにはのせないで。仕上げにスポンジで叩き込む。

リキッドタイプは伸びとフィット感を重視して。YS:SHIBATA クリームベール 03 ¥4,800(LAVIZE)

3:スポンジを水で濡らし、さらにファンデーションを叩き込んで

スポンジを水で濡らし、絞ったら、手のひらに余ったファンデーションをつけ、全顔に重ねて。フェイスラインから首、顎下にも忘れずにON。

1/2ページ

最終更新:7/20(土) 16:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事