ここから本文です

秩父路に夏本番告げる豪華絢爛な山車 川瀬祭宵宮が開催、大祭は20日 道の駅で花火2千発

7/20(土) 11:11配信

埼玉新聞

 秩父路に夏本番を告げる「秩父川瀬祭」の宵宮が19日に埼玉県秩父市中心部で行われ、秩父屋台囃子(ばやし)に合わせ、豪華絢爛(けんらん)な8基の山車が引き回された。

秩父の夏の風物詩、薬師如来の縁日「あめ薬師」開催 大勢の参拝客でにぎわう「伝統続けたい」

 秩父川瀬祭は秩父神社の摂社、日御碕宮(ひのみさきぐう)の祭礼。12月2、3日に行われる「秩父夜祭」に対し、山車の引き手や囃し手を子どもたちが務めるため、「子どもの祭り」ともいわれる。

 子どもたちが「ホーリャイ、ホーリャイ」と声を張り上げ、笠鉾(かさぼこ)4基と屋台4基が各町内で引き回された。道の駅ちちぶでは約2千発の花火が打ち上げられた。

 大祭の20日は、神輿(みこし)が清流に入って災厄を払う「神輿洗い」の神事が行われる。

最終更新:7/20(土) 11:11
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事