ここから本文です

実はメッシ以外も!ネイマールが尊敬して止まない選手らを明かす

7/20(土) 10:51配信

SPORT.es

パリでの反逆に失敗し、将来は明確になっていないネイマール。そんな中、彼は『Oh My Goal』のインタビューに応えた。

“絶対的な存在”ではなくなったラキティッチ、バルベルデも放出を容認

彼は選手となって以来最悪となるモーメントの1つを迎えているものの、未だエリート選手の中で最も優れたプレーヤーの1人であり、その結果、多くの人に周知されているスポーツマンの1人である。だがそうであっても、我々がまだ知らぬ興味深い事実を明らかにしている。

ネイマールがメッシに対し、非常に尊敬を抱いていることはすでに知られており、彼は常にそのことを語っている。彼は「メッシが世界で最高だ」と述べ、郷愁を抱きながら、彼らが一緒にバルサの攻撃陣として優れたパートナーを形成したことを思い出している。

「メッシは僕が一緒にプレーした中で最高のプレーヤーだ。彼が世界最高で、今まで見た中で最高のプレーヤーだね。僕たちは素晴らしいデュオだった」


さらに同インタビューでは、今までに出会った最高のプレイヤーは誰かと質問され、彼はレアル・マドリードのキャプテン、セルヒオ・ラモスを指した。

「僕が出会った最高の選手はセルヒオ・ラモスだ。彼は非常に良いセンターバックで、多くのゴールも決めている。彼に立ち向かうのは非常に困難なことだ。また、チアゴ・シウバと対戦したこともあったが、両選手ともに素晴らしかった」

彼が対戦した最高の選手がマドリーのキャプテンであることは興味深い。試合でのクオリティに対してセルヒオ・ラモスがサッカー界最高の1人であることに疑いの余地はないが、ネイマールがバルサへの復帰を目指している今、マドリーのキャプテンを選択し、答えたことは驚くべきことである。いずれにせよ、ラモスはどんなストライカーにとっても実に厄介な存在だということだ。

また彼のチームメイトであるキリアン・エムバペに対して、同選手のスピードを強調している。
「彼はとても速い」と述べ、彼が見た中でエムバペが最速のプレイヤーであると語った。

さらに、エムバペの若さと人間性についても触れ、「彼はまだ若く、成長するための十分な時間を有している。彼はさらに素晴らしい選手になると思うし、バロンドールを狙って戦っている。人としても素晴らしく、すべてに値する」と語った。

その一方で、ネイマールは自身が対戦した中で最も優れたGKに、ビクトル・バルデスを挙げた。さらに彼の仲間であるヴィニシウスを次世代のサッカー界における最たる成長株と述べた。

SPORT

最終更新:7/20(土) 10:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事