ここから本文です

ゲンキー、出店計画を下方修正

7/20(土) 1:29配信

北國新聞社

 ドラッグストアを展開するGenkyDrugStores(坂井市)は、今期(2020年6月期)の出店計画を下方修正した。前期(19年6月期)の連結決算が減益だったため、出店ペースを鈍化させる。1年前に策定した計画では、今期に石川で35店を出すとしていたが、18店に見直した。3年以内に石川で物流センターを建てる方針も示した。

 福井、岐阜、愛知を含めた4県では今期、前回計画比30店減の50店を開業する。22年6月期までの3年間に全体で230店を出す予定で、退店を含めると全店舗数は252店(前期)から463店となる。石川は19店から93店に増やす。

 物流センターの建設時期や場所は未定。100店舗への配送に対応する2300坪程度の施設を想定している。今期は坂井市の丸岡物流センターを約3割増床して倉庫を整備する。

北國新聞社

最終更新:7/20(土) 1:29
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事