ここから本文です

J王者に完封負けのチェルシー…ランパード監督「難しいことは分かっていた」

7/20(土) 0:34配信

ゲキサカ

[7.19 Jワールドチャレンジ2019 川崎F1-0チェルシー 日産ス]

 最後まで得点が生まれることはなかった。Jワールドチャレンジ2019で川崎フロンターレと対戦したチェルシーは0-1の完封負けを喫した。今季からチームを率いるフランク・ランパード監督は、決して悲観的になることはなかった。

 前半は押し込む時間帯が続いたものの、川崎Fの体を張った守備を崩し切れずにゴールが生まれない。大幅に選手を変えて迎えた後半もゴールを脅かす場面を作りながらも試合を動かせずにいると、試合終盤の後半42分にMF中村憲剛が送ったクロスをFWレアンドロ・ダミアンにヘディングで叩き込まれ、0-1の完封負けを喫した。

「プレシーズンに入って10日しか経っていないし、3日前に日本に来たばかりなので難しいということは分かっていた」

 コンディション面は決して万全ではなく、さらに歩けば汗が滲むような「湿度が高い」状況での試合となった。「こういう中で選手たちのパフォーマンスには満足しているし、しっかりとプラン通りに戦ってくれたと思う」と一定の評価を与えると、「プレシーズンで調子が上向きになるのは時間がかかるもの。細かい目で見たら修正するところもあるが、大きな目で全体的に見ると良い試合だったと思う」と続けている。

最終更新:7/20(土) 1:34
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事