ここから本文です

大人も楽しめるキャラメルたち、レトロなメロン味、専門店が提案する本格派、ペーストも

7/21(日) 11:00配信

MONEYzine

 甘くておいしいお菓子の定番「キャラメル」。大人になると少々縁遠い存在になるが、子どもの頃はよく口にしたという人も多いはず。そんなキャラメルに、このところ新商品が相次いで登場している。

 森永製菓(本社:東京都港区)の「森永ミルクキャラメル」は、明治に始まり数えて5つ目の元号となった令和の今日まで、多くの人に愛され続けているロングセラー商品だ。現在、同社が展開中の「愛されて5元号記念! 」キャンペーンの一環として、8月末まで販売されるのが「メロンキャラメル(216円・税込、79グラム1袋)」。これまで発売された歴代フレーバータイプのなかで人気ナンバー1、北海道産の濃縮メロン果汁をたっぷり使用している点が特徴だ。懐かしくて新しい、そして期間限定発売とはかない味でもある同キャラメル、店頭で見かけたらぜひチェックしてみたい。

森永製菓が展開している「愛されて5元号記念! 」キャンペーンの一環として
8月末まで販売される「メロンキャラメル」

 火入れによって風味と食感が異なるキャラメルの旨味を一つに凝縮させる。これは先ごろ、東武百貨店池袋本店(東京都豊島区)と羽田空港第1ターミナル(東京都大田区)に誕生したキャラメル専門店「ローストキャラメルマーケット」のめざすテーマだ。提供される商品は、火入れ(ロースト)の妙により、創作された新感覚の一品。美味づくりの原動力は、世界のキャラメルレシピをモチーフにした三ツ星ペイストリーシェフのアイデアだという。ラインアップは、キャラメルで炊き上げたりんごを、バター香る生地で包み焼き上げた「キャラメルアップル(756円・税込、4個入)」ほか。キャラメルの新しいおいしさがお待ちかねの同店、運営するのは、かみなり舎(本社:東京都中央区)。

キャラメル専門店のローストキャラメルマーケットが生み出す商品は、
生キャラメルの芳醇なコクやキャラメリゼの香ばしさなど、さまざまな表情を見せる

 ペーストという新しいスタイルでキャラメルを食のシーンへ導くのは、CARAMELIFE(東京都目黒区)が提案するブランド「CARAMELIFE」だ。素材や製法を徹底的に研究し、妥協のないおいしさを探求した同ブランド商品は、いずれもパンに塗ったり、ヨーグルトのトッピングにと、新しいキャラメルの楽しみ方を可能にしてくれる。商品構成はシンプルなキャラメルの味わいが楽しめる「ベーシック(5種)」や、スパイスを合わせた個性派の「スパイス(3種)」など、全18種が用意されている。

CARAMELIFEのペーストは、パンに塗ったり、ヨーグルトにトッピングしたり、料理の隠し味にも使える 固形のキャンディとしてだけではなくなってきたキャラメル。また食の世界に楽しみが増えそうだ。


(加藤 秀行 、 阪神 裕平)

最終更新:7/21(日) 11:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事