ここから本文です

ここまで獲得ポイントまだ”1”。アルファロメオのジョビナッツィにプレッシャーはない?

7/21(日) 8:50配信

motorsport.com 日本版

 今季F1で初めてのフル参戦シーズンを過ごしているアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィ。そのジョビナッツィは度々不運に見舞われ、直近のイギリスGPでは、マシンのリヤに問題が発生してスピンし、そのままリタイアとなった。

【動画】F1第10戦イギリスGPハイライト

 ジョビナッツィの今季の獲得ポイントは、オーストリアでのわずか1ポイントのみ。ウイリアムズ勢を除けば最下位というポジションに位置している。

 そんな厳しい状況に置かれているにも関わらず、チーム代表のフレデリック・バスールは、最近のジョビナッツィの成長に励まされているという。ジョビナッツィはここ4レースのうち3レースの予選で、チームメイトのキミ・ライコネンを上回る成績を残し、さらに唯一敗れたオーストリアでも、ライコネンからわずか0.013秒遅れただけの7番グリッドだった。

「彼は質の高い仕事をしていると思う」

 バスール代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「彼は土曜日には、キミと互角の戦いをしている。後は状況を落ち着かせるだけだ」

「私はあまり心配していない。なぜなら彼は、しっかりと自分の仕事をしているからね。彼はオーストリアでポイントを獲得した。シルバーストンではとても力強く、そしてキミの前にいたんだ」

「正直なところ、彼はチームや他の誰かからのプレッシャーをかけられてはいない」

 シルバーストンでライコネンは、今季7回目の入賞を達成。これで計25ポイントを稼ぎ、ドライバーズランキング8番手の座を堅持している。またコンストラクターズランキングで6番手につけるアルファロメオに大いに貢献している。

「素晴らしい仕事だった」

 そうバスール代表は語った。

「キミは非常に力強く、そして堅実なレースをした。彼は常に、DRSを使えるドライバーの前にいたにも関わらず、状況をうまくコントロールしていたんだ。ペースも良かったし、良い戦いだった」

「彼の活躍によって4ポイントを獲得でき、そしてライバルたちとの差を広げた。完璧な週末を過ごすことができたわけではないが、このような状況の中で4ポイントを獲得することができれば、チームにとっては良い一歩になる」

 バスールは、夏休み前に投入されるアップデートが、チームにとって良い後押しになることを期待している。

「我々はハンガリーと、おそらくドイツに、アップデートを持ち込むことになるだろう」

「レースごとに1秒速くなるわけではない。でもレースごとに0.1秒を手にできるなら、それは満足以上のモノだ」

Adam Cooper

最終更新:7/21(日) 8:50
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事